定年退職した場合

結婚して、月日も経つと子どもも独立して家を離れていきます。
会社員である父親も、やがて定年退職を迎えて夫婦二人の生活に戻ります。

子どもが独立して、住宅ローンの返済も終われば大きな死亡保障は必要ありません。
その代わりに、老後の生活保障や医療保険が必要になります。


と言っても、定年退職後に準備をしても遅いので、早い時期から定年退職後の人生をどのように生きるか計画しておく必要があります。
若いうちは病気やケガの心配はありませんが、年齢を重ねると病気やケガの可能性が高くなります。

医療保障については、1日10,000円程度の保障があれば十分です。
しかし、年齢を重ねてから入院すると回復能力も低下しますので、1入院の支払い限度日数は180日ぐらいがベストと言えます。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。