子ども保険 について

子どもが生まれると考えなければいけないのが、子どもの教育資金です。
子ども保険の目的は、早いうちから計画的に準備して十分な教育を受けさせるようにすることです。

子ども保険は、被保険者を子どもと契約者である親の両方にすることで、子どもに、「万が一」のことがあったときの保障と契約者である親の死亡についての保障と両方の保障が得られます。

子ども保険は欲張りな保険と言われていますが、その意味を解説します。
契約期間中に子どもが死亡した場合は、死亡保険金が支払われます。


仮に、契約期間中に契約者(父親)が死亡した場合、その時点で保険料の払い込みが免除となり満期時期には満期保険金を受け取ることができます。

先ほどは「万が一」を例に説明いましたが、何事もなく元気に満期を迎えることができれば満期保険金を手にすることもできます。(保険と貯蓄の両方ができます。)

子ども保険は、満期時期が子どもの年齢の15歳・18歳が多いので、毎年の払い込み保険料の合計額と満期金や祝い金の合計額を計算して加入することが大切です。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。