養老保険 について

定期保険や終身保険は、被保険者は死亡した際に死亡保険金が支払われますが、養老保険も同じように死亡保険金が支払われます。

定期保険や終身保険と違うのは、保険期間が満期となったときに生存していれば満期保険金が支払われるということです。

養老保険の最大の特徴は、契約期間中に死亡すると死亡保険金が支払われ、満期満了日に生存していたら満期保険金が支払われるという点です。

つまり、死亡保障と貯蓄機能を兼ね備えた一石二鳥の保険と言えます。


死亡保障と貯蓄が同時にできることを考えると、お得な保険に思えがちですが注意点もあります。

まず、一つが保険料がかなり割高であるところです。(その分、解約返戻金も高い。)

二つ目が、貯蓄機能が優れていると言っても、銀行預金と違って短い期間での解約は、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が安くなってしまうところです。

今は低金利の時代ですから、あまりおすすめできませんが、会社経営者の節税対策におすすめです。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。