定期保険 について

定期保険の特徴は、保険料が安く高度の死亡保険金が保障されているところです。
保険料が安いのは、保障内容が死亡と高度障害状態のみを対象としているからです。

一家の大黒柱の働き手に万が一のことがあれば、家族は路頭に迷うことになります。
そのようなことがあっても困りますが、もしそうなったときに役立つのが保険です。

定期保険は、小さな掛け金で高額の死亡保障を得ることができます。
人生設計をするうえで、子どもが成人するまでの間は保障を厚くするといったときには最適です。

保険に加入してる一定期間内に加入者が死亡したり、高度障害を負うと保険金が支払われますが、生存していればほぼ掛捨てに近いことから何ももらえないのが定期保険です。

定期保険の種類には、10年・20年といった感じで期間が定められていますが、「保障という面積を何年で購入するか?」ですので、いずれ加入を考えているのであれば若いうちに加入したほうがお得です。


定期保険のメリット

保険料が安い
健康状態を問わず、所定の年齢まで更新できる

定期保険のデメリット

掛捨て型なので満期保険金がない
更新するたびに保険料が上がる

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。