子どもができた場合

結婚して子どもができると、独身時代に比べて責任が重くなります。
共働きの場合に限らず、万が一に備えた生活設計が必要になります。

若いうちは病気になる可能性は低いですが、中年になると成人病になる可能性もありますので、できるだけ医療保険は若いうちに加入しておきましょう。


死亡保障は、家族構成によって加入するプランが違いますが、子どもの成長や住宅ローンに合わせて増減していきましょう。

経済的に余裕がある場合は、子ども保険や学資保険に加入しておくと良いです。

子ども保険は、元気に満期を迎えることができれば満期保険金を手にすることができますし、契約期間中に契約者(父)が死亡した場合、その時点で保険料の払い込みが免除になる一石二鳥の保険です。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。