独身者の場合

社会人になると生命保険に入るのが当たり前のように思われがちですが、これは大きな間違いです。

生命保険は、自分に万が一のことがあった時に遺族を助ける手段の一つです。
つまり、生命保険は必要な人と必要でない人に別れます。


特に男性で独身の場合は、経済的に支える家族もいないので絶対に必要なものではありません。

ただ、病気をしたときの医療保険には入っておいた方が良いかもしれません。
というのは、社会人になると車の運転もすることも多くなりますし、仕事によってはケガをする可能性もあるからです。

大きな生命保険は、自分の家庭を持ってから加入すればOKです。
若いうちは、生命保険に入ることよりも計画的に貯蓄をすることを優先した方が良いでしょう。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。